まだ梅雨が明ける前からの猛暑、ウンザリしてしまいますね。やはりこの時期気をつけねばならないのは熱中症。直射日光が当たる屋外はもちろんのこと、換気が悪く熱がこもってしまっている屋内でも高齢者の方々を中心として発症の危険性は十二分に考えられます。

特にこの夏は電力不足による節電が叫ばれていますので、クーラーを必要以上に我慢したりすることもあろうかと思います。確かに節電も皆で真剣に取り組まなければなりません。しかし体を壊してしまっては何もなりません。小まめに温度調整したり、少し外が涼しくなったら窓を開けて外気を取り込んだり等しながら上手に使ってゆきましょうね。

熱中症は気をつければ100%予防できる症状です。これからの長い夏を元気に乗り切ってゆきましょう。