あっという間に真夏も終盤の時期にさしかかろうとしておりますが、暑さは一向に収まる気配がありませんね・・・。

例年ですが、夏バテで体調を崩してしまう方々の中には、7月、8月と暑いさなかで仕事に部活にその他に頑張ってこられたり、逆に冷房の効きすぎた部屋や職場の中に長期間居たせいで、夏の終わりになってドッときてしまうこともあろうかと思います。体は常に体温その他の様々な機能を一定に保つよう微調整をしながらの生命活動を行いますが、余分なエネルギーが使われすぎてしまえば当然消耗が激しくなり、ストレスの蓄積、疲労度が増していってしまいますね。特にご高齢者の方は体調のちょっとした変化にもご留意して頂き、ご無理をされすぎないでお過ごしになってゆくことが大切かと思います。

適度に頑張り、適度に穏やかに。ピークの暑さもあと少しですので乗り切ってゆきましょう!