腰を痛めてしまった場合、状況によって固定が必要な場合があります。

固定力が強いコルセットから、やや固定力は弱めながら骨盤をしっかりと支えて痛みを軽減させるゴムバンドまで数種類用意してございます。痛みによって一時的に腰の動きがままならない時に骨や筋肉の代わりとなって体幹を支える役割を果たすそうした装具は、使い方によっては回復に向けてとても有効なアイテムとなります。こちらから積極的にお勧めすることはあまり無いのですが、ご希望される方はお気軽にお問い合わせ下さい。

しかしこうした装具は、メリットもあればデメリットもあります。

やはり上記したように、骨格や筋肉を周りから補助してゆくものですので、あまり長期に亘ってし続けると逆に筋力などが衰えることにも繋がってしまいます。痛みの強い時期は積極的に上手に使ってゆき、痛みが軽減したら外す時間を増やしてゆくなどの工夫が必要ですね。

何よりも理想的なのは背筋や腹筋の力そのものがコルセットの役割を果たしてゆくことです。

特に「お腹の力で腰を支える」ことは重要で、体の前側の筋力がしっかりしていればそれだけでも正しい姿勢を保てますし、背筋に余分な力が掛かりにくくなるので腰痛の予防にも一役買うのです。幅広い柔軟性と共に、下半身も含めた筋力の強化。腰痛の回復期にはそうした運動習慣をぜひ意識してみてください!