毎年、この時期と初夏の2回に分けて県の体育協会等が主催するトレーナー研修会というものがあり、私も以前から時々参加させて頂いてます。

アスレチック・リハビリテーション、コーディネーション・トレーニングといったものから、頭部外傷、ジュニア選手の外傷・障害対策まで、テーマは多岐に亘り、今回もそれぞれに貴重な講義を聞くことが出来ました。今後の日々の施術やトレーナー活動に生かしてゆきたいと思います。

最終日の今日は、ロンドン五輪の陸上競技監督で、ご自身もロス・ソウル・バルセロナと3大会の五輪に出場、400mのファイナリストとなった高野進さんの講義。

トップアスリートの体調管理方法、ロンドン五輪での裏話など、これまた他ではなかなか聞けないような話ばかり。印象的だったのは 「個々の競技ではなく、垣根を越えてチーム・ジャパンとして戦ったことがあの日本のメダル量産に繋がった」 という一言でした。陸上・高野JAPANのご活躍を今から心より楽しみにしています!ミーハーなので記念撮影お願いしてしまいました(笑)。

神奈川県トレーナー研修会