おそらくほとんどの方が人生の中で一度はご経験されるであろう腰痛

患った方ならお分かりだと思いますが、ツラいものですよね。中でも脚にシビレや電気が走るような痛みを伴う《坐骨神経痛》を併せ持つ症状をお持ちの方は尚更だと思います。

坐骨神経痛の大半は主に腰椎の間にある椎間板と呼ばれる軟骨や或いは腰椎そのものが何らかの変性を起こし、神経の根っこに圧迫を加えた結果、発症するものです。

こうした場合、骨格の変形そのものは外から簡単に治す事はできませんが、治療によって周囲でその骨格を支える筋肉や軟部組織により柔軟性を持たせ、そしてその柔軟性を土台にして強固な筋力を付け、その上で日常生活でご負担の掛からない態勢を創り上げることによって痛みを取り除いてゆくことは充分に可能です。また、発症する前から予防として腰に集中して負担の掛からない体作りをしてゆくことも大切です。

痛みと長いお付き合いにならぬよう、くれぐれも用心してゆきましょう!